食中毒予防は知識を持つことから|野菜・果物・米による食中毒予防にベジセーフ

食中毒予防を行うには、子供のためにもまず「食中毒」について知ろう!

食中毒予防を行うには、子供のためにもまず「食中毒」について知ろう!

食中毒予防を考えるにあたって、まずは食中毒とは何かについて知っておきましょう。

食中毒とは、ウイルスや細菌、有害な化学物質が体内に入ることで起こる病気です。発症すると腹痛や下痢、吐き気、発熱、最悪の場合には死の危険も伴います。これらの物質は食べ物に含まれていることが多く、肉や魚、野菜果物など様々な食材が媒体となっています。

食中毒予防で知っておきたい食中毒の「原因」って?米・野菜・果物…食事に潜む危険

▼ 腸管出血性大腸菌

食中毒予防の呼びかけでもよく用いられる「O157」や「O111」などの細菌は、腸管出血性大腸菌と言われる病原菌です。加熱されていない肉類や生野菜に潜んでいることが多く、細菌の中でも特に症状が重いのが特徴です。

▼ カンピロバクター

食中毒予防であまり知られていないのが、ペットからの感染です。カンピロバクターは野菜や肉類(主にとり肉)はもちろん、ペットから感染することもあります。症状が現れるまで2~7日かかるため、原因の究明が難しい細菌です。

▼ 黄色ブドウ球菌

食中毒予防で食材の加熱に気をつけている方も多くいらっしゃるかと思いますが、細菌の中には熱に強い菌もいます。黄色ブドウ球菌は人の皮膚や口内、ニキビなどに多く潜む菌で、熱にとても強く加熱だけでは防げない場合もあります。

▼ 農薬

食中毒予防という面ではあまり認知されていませんが、農薬やワックス、防カビ剤が原因で起こる食中毒も稀にあります。水でよく洗っても完全に落としきることは難しいため、お料理の際は食材専用の除去剤を使うことをおすすめします。

食中毒予防は「食材の洗浄・除菌」が1番!子供のおもちゃにも使える安心・安全の「ベジセーフ」

食中毒予防は「食材の洗浄・除菌」が1番!子供のおもちゃにも使える安心・安全の「ベジセーフ」

食中毒予防に最も効果的なのが、食材の洗浄と除菌です。より安心・安全な食事のために、「ベジセーフ」をご家庭で役立ててみませんか?

株式会社LAND LINKがおすすめするベジセーフは、電解スーパーアルカリイオン水でできた野菜・果物専用洗浄水です。食中毒の原因となる細菌や農薬などの有害な化学物質を電気分解で綺麗に取り除きます。
強力な洗剤などは一切含まれておらず、電気分解で汚れや細菌を吸着・除菌しますので、子供のおもちゃの洗浄・除菌にもお使いいただけます。ベジセーフに含まれるアルカリイオン水素水は手肌に優しく人体に影響がないため、小さなお子様のいるご家庭や子育て中の方にも安心です。

< 食中毒予防なら株式会社LAND LINKへ >