覚えておきたい!「食中毒予防の3原則」

野菜果物洗い方が不十分ですと、稀に腹痛や下痢、嘔吐、発熱などの症状を引き起こしてしまいます。仕事・学業に影響を及ぼしてしまうこともありますので、しっかりと食中毒予防に努めることが大切です。

安全のためには食中毒菌を「増やさない!」

安全のためには食中毒菌を「増やさない!」

わずかに食中毒菌が体内に入ってしまっても、ほとんどの場合は問題ありません。問題は食中毒菌の増殖を放置することですので、増やさないよう心がけることが食中毒予防に繋がるといえます。

怖い食中毒菌は意外にも、温度・湿度・栄養といった3つの条件が揃わなければ増殖しません。どれか1つでも欠けていれば、増殖を阻止することができるのです。一般的には10℃以下になると活動が鈍くなるといわれていますので、購入した生鮮食品はすぐに仕分け、冷蔵庫で保管するようにしましょう。また、スピーディーに調理することも増殖を抑えるポイントです。

洗い方に注目して食中毒菌を「つけない!」

洗い方に注目して食中毒菌を「つけない!」

生鮮食品が陳列されるまでの工程、購入するまでに時間が経過していることを考えると、購入した時点ですでに付着しているかもしれません。熱を加えれば殺菌でき、安心して口にすることができますが、加熱しない食材に食中毒菌をつけないよう気をつけなければなりません。

例えば、肉類の調理の途中で野菜を切る場合は、まな板や包丁の洗い方に着目することが大切です。他にも害虫・害獣の侵入を防ぐなど、調理・保管スペースを清潔に保って、食中毒菌を寄せつけないよう心がけましょう。

殺菌を心がけて食中毒菌を「やっつける!」

冷蔵・冷凍室では食中毒菌の活動が鈍くなりますが、死滅しているわけではありません。それどころか、冷蔵していても少しずつ増殖してしまう菌もいるのです。

食中毒菌のほとんどは熱に弱いという性質を持っていますので、調理の際、十分に加熱することで食中毒を防げます。食材の中心温度が75℃で、1分以上加熱するのが目安です。加熱の他に、調理器具の正しい洗い方、次亜塩素酸ナトリウムやアルコールを用いて調理器具を殺菌する方法もあります。

野菜・肉類・乳製品を安心して食卓にあげるには、食材の洗い方にこだわってみませんか?特に常温で保存する野菜・果物は、洗い方1つで安全性が左右されるのです。株式会社LAND LINKの「ベジセーフ」を用いた洗い方であれば、野菜の残留農薬添加物、食中毒菌を除去することができるのです。

< 野菜の洗い方にこだわるなら株式会社LAND LINKへ >