離乳食野菜のおすすめ調理方法|初めての離乳食野菜に!洗い方で素材の味を変える安心安全のベジセーフ

離乳食で野菜を初めて食べる赤ちゃんのために…安全で美味しい離乳食を

離乳食で野菜を初めて食べる赤ちゃんのために…安全で美味しい離乳食を

離乳食野菜を使う時は、赤ちゃんが初めて食べる離乳食に対して苦手意識が出てしまわないように作ることが大切です。

野菜は離乳食向きのクセがなく甘みのあるもので、食べやすい作り方を心がけるとスムーズに離乳食デビューできます。また、食の安全を考えた食材選びや下準備も、赤ちゃんの健康管理には重要なポイントです。

野菜で離乳食を作る前に知っておきたい「選び方・洗い方」

▼ 選び方

野菜で離乳食を作る前に知っておきたい「選び方・洗い方」

離乳食用野菜を選ぶ時は、表面にハリがないものやしなびているものではなく、素材本来の味が引き出せるようできるだけ新鮮な野菜を選びましょう。フレッシュな野菜が多い朝のスーパーや農家直営の直売所はおすすめです。

▼ 洗い方

離乳食は野菜を丁寧に洗うことが大切です。サッと水に通す程度の洗い方ではなく、農薬やワックスなどが残っていることを想定に入れて、念入りに洗ってください。「子供にアレルギーがあるから農薬やワックスに不安がある」という場合は、不純物を綺麗に取り除いてくれる農薬除去剤の活用をおすすめします。

離乳初期の赤ちゃんが食べやすい離乳食の作り方

▼ 熱を通す

離乳食は野菜にしっかりと熱を通すことで柔らかくなり、離乳初期の赤ちゃんでも食べやすくなります。また、十分な加熱は食中毒予防にも効果的です。

▼ すりつぶす

離乳初期の赤ちゃんは歯がまだ生え揃っていないため、飲み込みやすいよう繊維を取り除き、丁寧にすりつぶしてペースト状にしましょう。すりつぶしにくいものや青臭さが残るものは、離乳食が慣れてきた頃に様子を見て与えるのがおすすめです。

野菜で離乳食を作る際は、株式会社LAND LINKの「ベジセーフ」をご利用ください。「ベジセーフ」は、残留農薬やワックス、ウィルスを除去する野菜・果物専用の除去水です。食の不安を感じている方や添加物に対してアレルギーをお持ちの方に、ぜひお使い頂きたい商品です。また、綺麗に洗浄することで素材本来の味を引き出し、今までと違う野菜・果物の美味しさを味わえます。無着色・無香料ですので、赤ちゃんの離乳食作りはもちろん、ご家庭でのお料理にぜひご活用ください。

< 離乳食野菜に!野菜・果物専用の除去水なら株式会社LAND LINKへ >