食中毒予防は家庭でしっかりと!食事で気をつけたい食中毒予防ポイント|子供の健康管理にベジセーフ

子供の食中毒を予防するヒントは家庭での食事の中に!お米の残留農薬にも注意を

子供の食中毒を予防するヒントは家庭での食事の中に!お米の残留農薬にも注意を

食中毒予防でまず大切にしたいことは「食事をする過程で食中毒の可能性をつぶしていく」ことです。

食中毒は「食物の毒に中(あたる)」と表すように、食事中に起こる健康被害です。生鮮食品の取り扱い方や保存、調理方法だけでなく、残留農薬が気になる食材、おなどの乾燥した食品も例外ではありません。そのため、食事をする過程で出てくる食中毒の予防ポイントをおさえることが重要です。

食中毒を予防する食材(野菜・果物・肉類・魚介類)の取り扱い方

▼ 食材を購入する時

食中毒の予防として、購入時の食材の鮮度に注目しましょう。野菜果物は瑞々しいか、魚介・肉類の血抜きがしっかりされているか、しっかり密閉されているかがポイントです。また、魚介・肉類のコーナーはライトで赤みや青みが演出されていることも多いため、一度コーナーから離れて自然光で色味を見極めるのもポイントです。

冷凍食品や生鮮食品は1番最後にカートに入れ、購入したらまっすぐ帰宅し冷蔵・冷凍しましょう。

▼ 冷蔵・冷凍室の使い方

食中毒予防では正しく食材を保存することがとても重要ですので、保存の基本となる「冷蔵庫の使い方」をおさえておきましょう。

一般的に冷蔵庫に食材を詰めると「冷却の効率が落ちる」といわれていますが、冷凍室の場合は凍ることでお互いを冷やし合うため、7~8割程度詰めておくほうが良い相乗効果が得られます。冷蔵室は6~7割程度を目安にするのがおすすめです。

食中毒を予防する食事前のうがい・生野菜の食べ方

食中毒を予防する食事前のうがい・生野菜の食べ方

食中毒を予防するために、手洗いに加えて食事前の「うがい」を子供にすすめていますか?

口内にウイルスが潜伏したまま食事をすると、体内に菌が侵入してしまうため、食事前は軽くうがいをするのがおすすめです。また、生野菜を食べる時は、農薬除去水で野菜につきやすい菌やウイルス、農薬をしっかりと除去すると安心です。

子供の健康管理やご家庭の食の安全を守りたいとお考えの方は、株式会社LAND LINKの「ベジセーフ」をお試しください。ベジセーフは残留農薬やワックス、食中毒の原因となるウイルスを分解・除菌し、毎日の食卓に安心をプラスします。アルカリイオン水が主成分となっており、有害な成分は一切含まれていませんので、安心してご利用ください。

< 食中毒予防なら株式会社LAND LINKへ >